桑名市の歯医者 キタデデンタルクリニック|審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

HOME > 審美歯科・ホワイトニング

審美治療

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削ったり、プラスチックやセラミックなどの詰め物や被せ物で歯を白く見せるのではなく、あなた自身の歯を白くする治療法です。

ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングは「歯を丈夫にする」ホワイトニングです。
生物の体内にもともと存在している生体成分である分割ポリリン酸を使用するため安全性が高く、歯にダメージを与えません。 歯の汚れを浮かして落とすと同時に、分割ポリリン酸が粗造な歯面をコーティングするため、歯質強化につながります。 汚れもつきにくくなり、また健康な歯を長く保つことができますので、虫歯予防にも効果的です。
ポリリンプラチナホワイトニングで光沢のある、健康で自然な白い歯を目指しましょう。

ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

当院にて個々の歯の形のあったトレーを作成します。あとはトレーにホワイトニング剤を盛って1日2時間程度、歯に装着します。通常1〜2週間で効果が出ます。
※ホームホワイトニングは必ず医師の指導の下に行ってください。
※ホワイトニングの効果には個人差があります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェルを張り付ける治療法です。歯を削る量が少なく、神経も削ることなく治療を行うことが出来るので少ない負担で行うことができます。

ウォーキングブリーチ(失活歯に対するブリーチング)

ウォーキングブリーチ

歯の神経を取ったあとに、歯を白くする薬剤を入れ変色し歯を白くする方法です。
ホワイトニングは神経が死んでしまっている歯にはあまり効果が期待できないため、そのような場合にウォーキングブリーチ行えば、歯を白くすることができる場合があります。
※歯の表層のみが白濁して不自然に見える場合があります。

歯冠修復治療【補綴物】

歯冠修復とは、失った歯の形を他の材料を用いて機能修復する治療です。
様々な種類がありますので、事前にしっかりとカウンセリングを行った上で、患者さんのご希望に沿った最適な材料をご提案いたします。

ハイブリッド

ハイブリッド

セラミックとレジンを混ぜた材料で作られたクラウンです。
オールセラミックよりも柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいですが色調は多少劣り、経年すると変色します。

メタルボンド

メタルボンド

中身は金属ですが、外側はセラミックを張り付けたクラウンです。
見た目がよく、強度も強く、変色もしないので非常に使用されます。 天然歯よりも固いため、周りの歯やかみ合う歯を痛めることがあります。

eMax

eMax

かぶせ物の全体がガラスを主成分としたセラミックでできているもので色調・形態を再現できます。
金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。ジルコニアに比べると複雑な色付けには限界があります。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは腐食に強く、体にもよく馴染むため医療分野でも広く使われています。白い金属といわれるほど審美性に優れ、強度もあり、とても丈夫です。 とても強度が高いので、セット後に問題が発生した場合除去が困難というデメリットがあります。

技工所と連携を行い、患者さん個々のお口に合わせた補綴物を制作しています。

義歯【入れ歯】

義歯(入れ歯)には大きくわけると「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。部分入れ歯とは、残っている歯にバネなどをかけて、歯と粘膜で固定をするものです。
総入れ歯は、すべての歯が抜けてしまった部分に床を作り粘膜のみで維持するものです。歯がなくなってしまっても、快適な生活が送れるように、お口の状態に合わせた義歯を制作してまいります。

金属床

金属床

レジンの義歯に比べて、素材が丈夫で薄く仕上がるため違和感が少なく、喋りやすいという特徴があります。
お口を広く感じさせ、熱が伝わりやすくお食事を楽しめるといったメリットがありますが、アゴの骨が痩せてくると徐々に合わなくなってくるため、定期的なメンテナンスが必要になります。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

歯に取り付けた磁石で義歯を固定する技術です。
現在使用されている義歯がしっくりこない方や歯を抜いて新しい義歯をお作りになられる方におすすめです。 義歯の下に歯の根があるため、歯ブラシがかけづらいというデメリットがあります。

パーシャルパラレルミリング義歯

入れ歯の支台となる歯に冠をかぶせる際、冠に精密な細工をして入れ歯を適合させ入れ歯がしっかりと収まります。また動きにくく、美しい外観の入れ歯に仕上がります。製作には高い技術が必要です。

シリコン義歯(コンフォート義歯)

義歯床の一部がシリコンでできています。
シリコンは柔らかいため、当たって痛みを感じることがなく強く噛むことができます。シリコン部分が汚れやすいというデメリットがあります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

通常の義歯は動かないようにするために金具が付いています。
ノンクラスプ義歯は金具の部分がプラスチックで出来ており歯茎の色調と同化している為に一目では入れ歯をしているのか分からないほど、審美性に優れています。
またプラスチックで出来ているので柔軟性があり、装着した時の違和感が少ないのも特徴です。柔軟性があるため、硬いものを噛む際に、たわみが生じることがあります。

症例によって最適な義歯をご案内いたします。ご興味のある方はご相談ください。

キタデデンタルクリニック ページトップへ